WEBクリエイターがレンタルサーバーを解説!

レンタルサーバー比較

wpX


wpx

このページでは、wpXに関する詳しい情報を紹介しています。

wpXとは

wpXとは、株式会社エックスサーバーが運営しているWordpress専用のレンタルサーバーです。Wordpressしか使えないと思うかもしれませんが、他のレンタルサーバーのように利用する事も可能です。また、低価格でハイスペックなサーバーを利用する事が可能で、ページ速度も非常に速いです。なので、ブログ運営を始める方におすすめです。

wpXの二種類のプラン

wpXには、二種類のプランが用意されています。それは、レンタルサーバーとクラウドというプランになります。この2つのプランの違いは、契約後にサーバーのスペック変更です。レンタルサーバーの場合は、後からサーバースペックを変更する事は出来ませんが、クラウドの場合は、必要に応じてスペックの変更が可能です。

レンタルサーバーとクラウドの違い

wpXレンタルサーバー wpXクラウド
WordPressのインストール 10個 1個
マルチドメイン 10個 1個
メール機能
メールアドレス 無制限
DNS設定
キャッシュ設定
特徴 コスパが高い スペック変更可能

レンタルサーバーの場合は、スペック変更が出来ないのですが、複数のブログを運営する事が可能ですので、1サイトあたりのコストパフォーマンスが高いです。それに比べて、クラウドの場合は、レンタルサーバーよりも高いスペックが用意されており、ブログの規模に合わせて、後から料金とスペックを変更する事が可能です。

wpXのスペック比較表

レンタルサーバーとクラウドのプランを合わせた比較表になります。

レンタルサーバー クラウド
A B C D E F X
初期費用 5,000円 0円
月額料金 1,000円〜 500円 1,000円 3,000円 5,000円 10,000円 30,000円 50,000円
HDD容量 30GB 10GB 20GB 30GB 50GB 100GB 150GB 250GB
MySQL容量 500MB 150MB 300MB 500MB 500MB 1,000MB 1,500MB 2,000MB
転送量 50GB/日 300GB/月 700GB/月 1,200GB/月 2,000GB/月 2,500GB/月 3,000GB/月 4,000GB/月
想定PV数 〜30万/月 〜50万/月 〜150万/月 〜250万/月 〜500万/月 〜1,500万/月 〜2,500万/月

wpXの特徴

wpXの特徴をご紹介します。また、レンタルサーバーとクラウドで共通している項目になります。

簡単インストール

wpXは、Wordpressに特化しているレンタルサーバーですので、ボタンをクリックするだけでインストール可能な機能が用意されています。ですので、FTPなどから必要ファイルをわざわざアップロードする必要がありません。

自動バックアップ

wpXは、無料でデータベースに保存しているデータを自動的にバックアップしてくれます。15日間のデータが常にバックアップされているため、間違ってデータを削除してしまったり、サーバートラブルが起きた時も安心する事が出来ます。

他には、FTPでアップロードしているファイル自体の自動バックアップもしてくれるのですが、そのデータをダウンロードするには、手数料を支払う必要があります。手数料を支払っていなくても、データはバックアップされますので、本当に困った時の事を考えると安心できます。

また、バックアップされているデータは、管理画面からボタンをクリックするだけでダウンロード可能なので、特に難しい事をする必要はありません。

phpMyAdmin

データベースをブラウザから操作するためのphpMyAdminというシステムが標準で用意されています。このシステムを利用する事でブラウザからデータの追加・編集・削除を行う事が可能です。通常は使う事が無いかと思いますが、技術者の方であれば、利用する機会があるかもしれませんね。

キャッシュ機能

wpXが提供する機能の中でも、特に魅力的なのが、独自のキャッシュ機能です。キャッシュ機能を利用すると、ページの表示速度が通常よりも格段と向上します。

通常のレンタルサーバーであれば、キャッシュ用のプラグインを利用するのですが、何らかの不具合が出やすいです。wpXは独自のキャッシュ機能を用意しており、wpXの管理画面から設定変更が可能ですので、誰でも簡単にブログを高速化できます。

不正なログインの防止

wpXは、セキュリティの面でもサポートしてくれる機能があり、ログイン画面に対する不正アクセスを自動拒否する機能があります。例えば、何度もログインに失敗した場合は、不正アクセスとみなして、一定時間のログインが出来ないように制限が掛かります。

コメント・トラックバックからのスパム対策

wpXは、コメント・トラックバックからのスパム対策が出来る機能もあります。短時間に大量のコメントやトラックバックがあった場合、その人からのコメントやトラックバックを自動拒否します。また、国外IPからのコメントやトラックバックを制限する事も可能です。

国外IPからのログイン制限

wpXは、国外IPからのログインを制限する事が可能です。通常、日本に住んでいるなら、海外からログインするという事は考えられません。近年、海外からの不正アクセスが増加しておりますので、このログイン制限を利用する方が安心できます。

FTPアカウント

wpXは、FTPアカウントが用意されていますので、Wordpress以外の用途でも利用する事は可能です。また、1ドメインにつき1アカウントとなっており、ディレクトリのアクセス範囲を制限するなどの設定も可能です。

無料の独自SSL

wpXは、無料で独自SSLを利用する事が可能です。独自SSLとは、IT系のお仕事でもしていない限り、馴染みのない言葉だと思います。わかりやすく説明するとSSLとは、Secure Socket Layerの略で、インターネットの通信を暗号化する技術です。

もしも、SSLを利用していない状態で通信をしていると、通信情報を盗まれた時に内容が読まれてしまう可能性があります。なので、ネットショップの決済画面などでは、必ずと言っていいほどにSSLが利用されています。

また、レンタルサーバーでは、共用SSLと独自SSLが存在しますが、何が違うかというと、SSLサーバー証明書というものを共用するかしないかの違いになります。なので、独自SSLはSSLサーバー証明書を共有しないという事から、共用SSLよりも安全だと言えます。

他にも、SSLを利用している方が検索エンジンに評価されるというところもポイントです。しかし、SSLを利用しているからと言って、簡単に検索順位が上がるというレベルほどの話ではありません。

.htaccessの対応

wpXは、.htaccessによるサーバー設定が可能です。どんなレンタルサーバーでも普通は対応していますが、ユーザー側でサーバーの設定を行えますので、いざという時に便利です。例えば、特定のURLをリダイレクトさせる指定などが可能です。

14日間の無料お試し

wpXは、14日の無料お試し期間が用意されています。なので、実際にサーバーを利用してみて、契約するかを決める事が可能です。ページの表示速度や使い勝手を確かめる事ができるので、利用者には有り難い制度だと思います。


おすすめのレンタルサーバー

著者が実際に使ってみて良かったと思うものを紹介しています。他にも良いレンタルサーバーはたくさんあるのですが、ここでは3つに絞らせていただいています。

GMOクラウド VPS

GMOクラウドのVPSは、豊富な機能とハイスペックなサーバーがリーズナブルな価格帯で用意されているサービスです。サーバー知識が無い方でもPleskという機能を利用する事で管理画面から設定が可能であり、スタッフが設定を代行してくれるサービスもあります。実際に著者も利用しており、安心の五つ星です。

wpX

wpXは、このブログも利用しているWordpress専用のレンタルサーバーです。Wordpressに特化している機能が用意されており、キャッシュ機能のおかげでブログが高速表示され、独自のセキュリティが不正アクセスを防いでくれます。また、FTP接続やメールサーバーが用意されているので、Wordpress以外の用途にも利用可能。コスパの面でもトップレベルです。

エックスサーバー

エックスサーバーは、wpXと同じ会社が運営しているレンタルサーバーです。こちらはWordpress専用ではないので、ネットショップやHTMLサイトの公開にも利用する事が出来ます。自動バックアップ機能が用意されており、無料で利用する事ができるので、サーバートラブルが起きても安心。また、サイトの表示速度は業界トップクラスです。

投稿日:2016年9月25日 更新日:

Copyright© レンタルサーバー比較 , 2017 AllRights Reserved.