WEBクリエイターがレンタルサーバーを解説!

レンタルサーバー比較

レンタルサーバー

無料ブログからWordPressに移転するメリットとデメリット

投稿日:


wordpress-or-free-blog-service

今回は、無料ブログからWordpressに移転するメリットとデメリットを書きたいと思います。

著者はWEB制作などの仕事をメインにしている時期があり、無料ブログからWordpressに移転したいとご相談をいただく事が時々ありました。FC2ブログとLivedoorブログを利用している方がほとんどなのですが、無料ブログからWordpressに移転したいというご相談です。

僕は無料ブログをあまり利用した事が無かったので、気付かなかった事ですが、無料ブログのメリットとデメリットが相談に乗っている内に見えてきました。なので、そんなメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

無料ブログはいきなり使えなくなるリスクがある

一時期、FC2ブログを利用している方が困ってしまう事件が多発しました。それは、突然にブログを凍結されてしまうという事です。そのブログにアクセスしてみると、このブログは凍結されましたというメッセージが表示されて、投稿していた記事などが見れない状態になります。

なぜ凍結されるかと言うと、ブログの記事に使ってはいけないキーワードが存在するらしく、そのキーワードが記事の中に含まれていると自動的にブログが凍結されるそうです。主に犯罪的なキーワードがNGらしいのですが、関係の無いブログまで誤凍結されてしまうという事になったらしくて、ネット上でも話題になっていました。

記事の修正などをする事で凍結解除してもらえるケースもあるそうですが、解除してもらえない時の事を考えると、これまで積み上げてきたものが全て無くなってしまうというリスクがありますので、Wordpressに移転したいという方が多かったです。

WordPressはカスタマイズが自由

無料ブログに比べて、Wordpressは様々なカスタマイズを行う事が出来ます。プラグインという機能があるのですが、これはプログラムの塊のようなもので、誰でも簡単にプログラムを追加できるような仕組みになっています。

これをWordpressにインストールする事で、好きな機能をどんどん追加する事ができます。また、無料でたくさんのプラグインが公開されていますので、自分で作る必要はありません。例えば、SNSボタンを表示させたり、人気記事を表示させたりという事が誰でも簡単に出来ますし、しかも無料でインストールするだけという手軽さです。

もちろん、かなり特殊なプラグインが欲しい場合は、自分で開発するか、誰かに作ってもらう必要があります。しかし、そういうケースはほぼ無いと言えるほどに膨大な数のプラグインが無料公開されています。

また、Wordpressテーマというものがあり、これはデザインを変更するためのものです。無料ブログでテンプレートというものがありますが、これと同じような役割を持っています。Wordpressの場合、テーマもたくさん無料公開されており、無料ブログよりもおしゃれな物が多いです。

更にパーツの配置などの変更を管理画面でする事が可能なので、HTMLやCSSを知らない人でも簡単にカスタマイズが出来ます。

WordPressはカスタマイズが自由なだけ覚える事がたくさんあるように感じると思います。しかし、誰でも簡単に利用できる工夫がされており、インターネットでの情報も豊富にありますし、書籍なども沢山発売されています。なので、慣れたらかなり快適に利用できるというメリットが大きいと思います。

無料ブログは検索表示でデメリットがある

無料ブログの場合、有料プランで独自ドメインを利用する事が出来ますが、無料プランの場合はサブドメインになると思います。例えば、Googleで検索をした場合、同じドメインの記事は2つまでしか表示しないというルールになっているので、とてもデメリットなんです。

どういう事かと言うと、無料ブログの利用者はたくさんいます。もし、「レンタルサーバー」に関する記事を3人の方が書いたとします。そして、「レンタルサーバー」で検索すると、その3人の記事が表示されるのですが、最大で2記事までしかGoogleは表示してくれません。なぜなら、みんな同じドメインだからです。

独自ドメインを利用していれば、同じキーワードでも自分の記事が2つ表示されます。無料ブログでも有料プランを利用する事で、独自ドメインを使う事が出来ますが、同じお金を払うのであれば、凍結の心配がないレンタルサーバーを選ぶ方が多いみたいです。

ただ、単純に日記を書きたいというような個人ブログの場合、あまりこの事は考えなくても良いと思います。

WordPressはサーバーのスペックを考える必要がある

WordPressは無料ブログに比べて、サーバーのスペックを考える必要があります。無料ブログはどんなにアクセスが多くても、料金を請求される事が無ければ、あまり速度が遅くなる事も無いそうです。しかし、Wordpressは使っているサーバーのスペックに影響されますので、アクセスが大きくなれば、サーバーの負荷も大きくなり、上限を超えてくるともっと性能の高いサーバーに移転するなどの必要が出てきます。

こういう点で考えると、サーバーの心配をする事がないので、無料ブログはかなり気楽に運営する事が出来ます。

無料ブログは広告が表示される

無料ブログは、必ずと言っていいほど、何らかの広告が強制的に表示されます。なので、見た目が悪いですし、そもそも自分の広告を貼っている人の場合だったら、自分以外の広告も表示されるというデメリットがあります。アフィリエイトという広告収入を得るビジネスをしている方やSEO対策を気にしている方にはデメリットが大きいかもしれません。

最後に

無料ブログの方が良いという方もいると思いますし、レンタルサーバーを借りて、Wordpressを使いたいという方もいると思います。なので、人によってはメリット・デメリットが異なるわけですが、僕はWordpressを使った事がない人は使ってみると便利さに驚くと思いますし、ビジネスでブログをする人であれば、ぜひリスクの少ないWordpressに切り替えていただきたいと思います。

ちなみにFC2ブログやLivedoorブログからWordpressに移転したい場合、無料ブログのエクスポートという機能を使う事で記事データをバックアップする事ができ、Wordpressのインポート機能を使うことで記事データを移すことができます。

あと、このブログは「wpX」というWordpress専用のレンタルサーバーで運営しているのですが、とても使いやすいので助かっています。また、ページの表示速度なども申し分無いです。


おすすめのレンタルサーバー

著者が実際に使ってみて良かったと思うものを紹介しています。他にも良いレンタルサーバーはたくさんあるのですが、ここでは3つに絞らせていただいています。

GMOクラウド VPS

GMOクラウドのVPSは、豊富な機能とハイスペックなサーバーがリーズナブルな価格帯で用意されているサービスです。サーバー知識が無い方でもPleskという機能を利用する事で管理画面から設定が可能であり、スタッフが設定を代行してくれるサービスもあります。実際に著者も利用しており、安心の五つ星です。

wpX

wpXは、このブログも利用しているWordpress専用のレンタルサーバーです。Wordpressに特化している機能が用意されており、キャッシュ機能のおかげでブログが高速表示され、独自のセキュリティが不正アクセスを防いでくれます。また、FTP接続やメールサーバーが用意されているので、Wordpress以外の用途にも利用可能。コスパの面でもトップレベルです。

エックスサーバー

エックスサーバーは、wpXと同じ会社が運営しているレンタルサーバーです。こちらはWordpress専用ではないので、ネットショップやHTMLサイトの公開にも利用する事が出来ます。自動バックアップ機能が用意されており、無料で利用する事ができるので、サーバートラブルが起きても安心。また、サイトの表示速度は業界トップクラスです。

-レンタルサーバー
-

Copyright© レンタルサーバー比較 , 2018 AllRights Reserved.