WEBクリエイターがレンタルサーバーを解説!

レンタルサーバー比較

レンタルサーバー

レンタルサーバーの転送量無制限は使い放題ではない!

投稿日:


traffic

この記事では、レンタルサーバーの転送量無制限は使い放題ではないという話を書きたいと思います。

一般的にレンタルサーバーの公式ページでは、転送量が無制限という風に宣伝されていますが、意外な落とし穴が存在します。

転送量と言うと、画像ファイルやHTMLファイルなどを送信する際に必要となるリソースの事です。これが無制限になると、どれだけでもファイルの送受信が出来る事になるのですが、実際は不可能です。

なぜなら、転送量は無制限ですが、帯域制限というものが存在するからです。帯域制限とは、特定の時間内に送受信できる範囲に掛けられている制限の事になります。

この帯域制限も公式サイトに記載されている事がほとんどですが、100Mbpsまで使えるというのが一般的です。しかし、これも100Mbpsをマックスで使用できるかと言えば、そうではありません。

レンタルサーバーの場合、みんなで100Mbpsの帯域を共有する事になりますので、これを全て使ってしまうとレンタルサーバーの運営会社から控えるようにと連絡が来ます。なので、画像をたくさん使っているサイトなどは注意が必要になります。逆に言えば、画像をあまり使っていないサイトなどはあまり気にする必要がありません。

対策方法としては、Wordpressブログの場合はCDNサービスを利用してみるなどが挙げられます。他には、もっとスペックの高い専用サーバーを利用したり、VPSサーバーを複数レンタルして、負荷分散するなどの方法があります。

レンタルサーバー初心者の方は、この転送量無制限の落とし穴を覚えておくと、契約する際に役立つと思います。


おすすめのレンタルサーバー

著者が実際に使ってみて良かったと思うものを紹介しています。他にも良いレンタルサーバーはたくさんあるのですが、ここでは3つに絞らせていただいています。

GMOクラウド VPS

GMOクラウドのVPSは、豊富な機能とハイスペックなサーバーがリーズナブルな価格帯で用意されているサービスです。サーバー知識が無い方でもPleskという機能を利用する事で管理画面から設定が可能であり、スタッフが設定を代行してくれるサービスもあります。実際に著者も利用しており、安心の五つ星です。

wpX

wpXは、このブログも利用しているWordpress専用のレンタルサーバーです。Wordpressに特化している機能が用意されており、キャッシュ機能のおかげでブログが高速表示され、独自のセキュリティが不正アクセスを防いでくれます。また、FTP接続やメールサーバーが用意されているので、Wordpress以外の用途にも利用可能。コスパの面でもトップレベルです。

エックスサーバー

エックスサーバーは、wpXと同じ会社が運営しているレンタルサーバーです。こちらはWordpress専用ではないので、ネットショップやHTMLサイトの公開にも利用する事が出来ます。自動バックアップ機能が用意されており、無料で利用する事ができるので、サーバートラブルが起きても安心。また、サイトの表示速度は業界トップクラスです。

-レンタルサーバー
-

Copyright© レンタルサーバー比較 , 2017 AllRights Reserved.