WEBクリエイターがレンタルサーバーを解説!

レンタルサーバー比較

FAQ

レンタルサーバーとVPSの違いとは

投稿日:2016年9月22日 更新日:


この記事では、レンタルサーバーとVPSの違いを書いています。レンタルサーバーがどういうものなのかをご存知の方は多いと思いますが、VPSを使った事が無いという方でも分かり易いように違いを書いていきたいと思います。

VPSとは

VPS(Virtual Private Server)とは、日本語に直すと仮想専用サーバーという意味になります。1台のサーバーを複数人で共有するという点では、レンタルサーバーと同じです。VPSはカスタマイズ出来るという自由度がレンタルサーバーよりも高いです。なので、IT系の技術者の方から人気が高めのサービスになります。

例えば、WEBサイトを運営するためには、サーバーソフトが必要となるのですが、最初からレンタルサーバーには用意されており、利用者は管理画面から操作するだけです。VPSはそれに比べて、好きなサーバーソフトを選ぶ事が出来ますし、自分で自作したソフトを動かす事も可能です。

他にも、一般的なレンタルサーバーでは、最初からPHPというプログラミング言語で作成されたプログラムを動かす事が可能ですが、VPSはそれ以外のプログラミング言語にも対応する事が可能です。

VPSでは、このように自由度が高いという点が評価されており、深いところまでサーバーの内部を触りたい方におすすめのサービスです。

著者はどんな時にVPSを使うのか

著者もVPSを利用しているのですが、レンタルサーバーを使わない理由やメリットを知りたい方もいらっしゃると思いますので、筆者はどんな時にVPSを利用するのかについて書きたいと思います。

まず、VPSはレンタルサーバーと比べて、LinuxというOSに関する知識が必要となりますので、お手軽さで比較するとレンタルサーバーに劣ります。

しかし、GMOクラウド VPSというサービスの場合、Pleskというシステムが用意されており、VPSを管理画面から操作する事が可能となっておりますので、こちらのサービスであれば、知識の無い方でもチャレンジしやすいと思います。

そして、本題のどんな時にそんな手間を掛けてVPSを使っているのかと言うと、自分で開発したシステムを動かしたい時やアクセスが大きいブログを運営したい時に利用しています。

他にも、サーバーソフトの設定を自由自在に変更する事が可能なので、レンタルサーバーが比較にならないほどに高速化出来る事もありますので、そのような時にVPSを利用させていただいています。

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは、一般的に管理画面が用意されており、そこに必要なファイルをアップロードする事で、誰でも簡単にウェブサイトやブログを公開する事が出来るサービスの事を言います。

基本的にレンタルサーバーは数百円から数千円くらいの月額料金で借りることが可能で、1契約で複数のサイトを公開できるというリーズナブルなホスティングサービスです。

レンタルサーバーは管理画面から操作するだけで設定が可能ですので、技術的な知識や専門的な知識を持たない人でも利用する事が可能になっており、最近は難しい設定を自動で行ってくれるような機能も充実してきてます。

レンタルサーバーでは、誰でも簡単に使えるという点が評価されており、料金も安いことから利用しやすいサービスです。

著者はどんな時にレンタルサーバーを使うのか

著者はVPSも利用していますが、レンタルサーバーも同じくらいに利用しており、このサイトもwpXというレンタルサーバーから公開していますが、どんな時にレンタルサーバーの方を選ぶのかについて書きたいと思います。

人気のあるブログはVPSじゃないと困ることもあるのですが、大抵のブログはwpXというレンタルサーバーで運営していますし、たまにカゴヤのマネージドプランというサービスも利用します。

やはり、レンタルサーバーの魅力はVPSと比較して簡単に利用することができるというところです。筆者もVPSを使いこなせるスキルはありますが、可能であれば楽チンな方を選びたいです。なので、VPSじゃなくても良いときは、レンタルサーバーを喜んで使います。

レンタルサーバーとVPSの比較表

いまいちピンと来ない方のために、レンタルサーバーとVPSが違う点を一覧にした比較表を作成してみました。何が違うのかというところを簡単にチェックする事が出来ます。ちなみに著者の体感を元にしておりますので、あくまでも参考程度に見ていただけると幸いです。

レンタルサーバー VPS
自由度
手軽さ
スペック
コスパ

比較表は上記のようになりました。レンタルサーバーは、自由度があまり無いものの、手軽さが勝っており、バランスも取れているようです。VPSは、手軽さが劣っているものの、全体的にパフォーマンスが高いという結果になりました。


おすすめのレンタルサーバー

著者が実際に使ってみて良かったと思うものを紹介しています。他にも良いレンタルサーバーはたくさんあるのですが、ここでは3つに絞らせていただいています。

GMOクラウド VPS

GMOクラウドのVPSは、豊富な機能とハイスペックなサーバーがリーズナブルな価格帯で用意されているサービスです。サーバー知識が無い方でもPleskという機能を利用する事で管理画面から設定が可能であり、スタッフが設定を代行してくれるサービスもあります。実際に著者も利用しており、安心の五つ星です。

wpX

wpXは、このブログも利用しているWordpress専用のレンタルサーバーです。Wordpressに特化している機能が用意されており、キャッシュ機能のおかげでブログが高速表示され、独自のセキュリティが不正アクセスを防いでくれます。また、FTP接続やメールサーバーが用意されているので、Wordpress以外の用途にも利用可能。コスパの面でもトップレベルです。

エックスサーバー

エックスサーバーは、wpXと同じ会社が運営しているレンタルサーバーです。こちらはWordpress専用ではないので、ネットショップやHTMLサイトの公開にも利用する事が出来ます。自動バックアップ機能が用意されており、無料で利用する事ができるので、サーバートラブルが起きても安心。また、サイトの表示速度は業界トップクラスです。

-FAQ
-, ,

Copyright© レンタルサーバー比較 , 2018 AllRights Reserved.